2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のドイツ語日記3

ドイツ語のセンター試験試しに解いてみました

H23
大問 得点(/配点)
1.  18/24
2.  24/30
3.  4/16
4.  30/45
5.  25/25
6.  48/60

計 149/200

たまたま簡単な年だったのかもしれないけど思ったよりも取れました。
ていうか現役時代の英語よりも高(

どこかで見た記憶だとセンター独語は独検3級相当らしいです。
大問6の長文も1ページしかないので良い練習になるかと思います。

悔しいのは整順問題が1問しか解けなかったこと。文法力の無さが浮き彫りになりますね。
逆に文法力が無くても取れる問題ばかりってことです。
英語よりもアクセント問題は簡単だし。

とりあえず独検まで残り一ヶ月となったのでそれまでに今年までの問題は全部解いて復習できればけっこうためになるのではないかと思いました。


こんなことやってて卒研は大丈夫なのか不安になってくる11月始めの更新でした。ノシ
スポンサーサイト

今日の気まぐれ日記3

今日は講義の一環でビブリオバトルをやりました

(4年生なのに授業?という方もいるかもしれませんが、一応大学院専攻履修と学部で取りそびれたのを一つ受講しています)

ビブリオバトルというのは各自紹介したい本を持ち込んで5分程度でその本について紹介プレゼンをやって一番読みたくなった本を競うゲームです。

周りがほとんど学年が下ということもあり年長者がネタに走ってもちょっと寒いなと思ったので

これにしました

『ホーキング、宇宙を語る』

僕が持ち込んだのは初版のハードカバーのやつなので少し古いのですが

とにかくこの本でビブリオバトルに臨みました。

一応バトルなので勝ち負けを決めるのですが、結果は予選勝利の本選敗退という結果に終わってしまいました。。。

そもそもこの本は僕自身を大きな影響を受けていて、今の専攻もこの本が無ければ進んでいなかったなというくらいには僕にとって価値がある本なのでその魅力を十分に伝えられなかったのは悔しいですね。


結局いかに読みたいと思わせるかなので、ホーキング博士の研究内容とか正直工学部の学生にとっては難解すぎるんですよね。
紹介途中で視聴者の反応を見てこれはまずいなと思いながらプレゼンしてたのですが…

もうちょっと原稿と流れの構成を考えるべきだったなと思いました。

学会や卒論中間発表に続いて課題が残る結果になってしまいました泣

もっとロジカルシンキングができるようになりたい…


あ、今回紹介した本は僕にとっては原点ですが少し情報が古いので読むとすれば

『ホーキング、宇宙の始まりと終わり』

『ホーキング、宇宙と人間を語る』

あたりがオススメです。いずれも高校生程度の数学、物理の知識があれば読めるようになっています。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:いづ
都内の理系大学に通う大学4年生。
趣味はいろいろありますがゲーム、旅行、読書、映画鑑賞など挙げておきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
日記 (4)
外国語 (6)
QMA (1)
ラボ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。